読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon販売 仕入の基準

Amazon 販売

Amazonで販売する商品について、仕入の基準はどう設定するのか

  • 前提として販売不可商品や輸入が難しい商品は避ける
  • 利益を出すのが難しい商品は避ける
  • Amazon内のランキングの推移を確認する
  • ライバルセラーの数を確認する
  • 粗利率が何%か確認する

 

販売不可商品や輸入が難しい商品は避ける

Amazonで販売することができない、または難しい商品も存在します。

詳しくはAmazon規約をご確認いただきたいですが、代表的なものとして、

  • ブランド品
  • 資格が必要なもの 例:食料品や危険物

これらは販売しているとAmazonから出品を止めるように指示があり、無視しているとアカウント停止の処置を取られます。

特にブランド品か否かは疑わしい場合は確認する、または避けましょう。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

こちらのプラットフォームで商標権がとられているのかが確認できます。

 

輸入ができない、または難しい商品も存在します。

代表的なものとして、

  • 液体、爆発物
  • 武器、危険物
  • コンセント(PES認証が必要)
  • 電池(飛行機便での輸入はできない)

等があります。

疑わしいものは避ける、または専門家に質問して仕入れるかを判断しましょう。

 

利益を出すのが難しい商品は避ける

絶対に利益が出ない商品というものはないと思いますが、利益を出すことが難しい商品も存在します。

  • 販売価格が1500円以下のもの
  • 非常に大きく、重いもの
  • 高度な専門知識が必要なもの

などです。

販売価格が1500円以下というのは目安ですが、Amazon FBAでの販売の場合、諸経費が数百円必ずかかるため、販売価格が低すぎると利益を出すのが困難になります。

 

また、非常に大きく、重たいものは国際送料も高くなり、Amazonの保管料・出荷手数料も高くなるため、利益を出しにくい商品になります。

よく、「軽くて、小さくて、価値があるもの」がいいと言われていますので、少し意識するといいでしょう。

Amazon内のランキングの推移を確認する

Amazon内で売れている商品かは基本的にランキングを参照します。

このランキングの見方は諸説あり、絶対に正しい見方もないのですが、売れているかの目安にはなります。

一般的には

  • モノレートでのランキング上下が1カ月30回以上
  • カテゴリー内のランキングが10000位以下

と言われています。

細かい解説は別の記事で書かせいただきますが、重要なのは、

利益計算の前に売れているかの確認を行う

ということです。売れない商品の粗利率がいくら高くても無意味だからです。

 

ライバルセラーの数を確認する

同じ商品、または類似商品を扱っているセラーの数を確認します。

  • 相乗り出品の場合は、セラー数が10人以下
  • 新規出品の場合は、同一または類似商品ページの数が8以下

等が目安になるかと思います。特に相乗りの場合はセラーの数が多いとカートを取ることが難しく、価格競争に陥りやすいので注意しましょう。

 

粗利率が何%か確認する

中国のセラーの仕入価格と想定される販売価格を計算します。

よく言われているのが、仕入価格の3倍以上の販売価格が目安です。

このときに細かく費用の計算をすることも重要ですが、細かくやりすぎると時間がかかるため、上記の3倍の目安で計算するのは合理的だと思います。

 

念のため、仕入価格を日本円に計算する際の元円レートを実勢のものよりもプラス3~5円にしておくと安全です。

 

仕入れる前の確認をしておくと、トラブルや想定外の赤字を減らすことができると思います。

是非一度ご確認ください。