SNOWBALL EFFECT

《天文》雪だるま効果、雪玉効果

アービトラージについて ビジネス戦略の勉強

Close-up of Coins on Table

 

はじめに

今回はこちらの書籍を参考にお話します。

 

サマリーは下記の内容になります。

 

アービトラージとは

 アービトラージとはもともと投資関係の用語です。具体的には、

裁定取引と訳され、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。」 

貼り付け元  <http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html>

 

ビジネスにおいては、”情報の非対称性”を用いた用語として使われることがあります。

 

2.アパレルSPAに見るアービトラージ

 

百貨店のアパレル商品の原価率(仕入れ原価の販売価格に対する割合)はどの程度かご存知でしょうか?

平均して70%前後です。

 

これはブランド価値があることも要因ですが、消費者がアパレルの原価に対する情報が少なかったことが大きいと思います。

 

かつてのアパレル小売店は、卸や商社の中間業者から商品を仕入れ販売をしていましたが、これも情報の非対称性があったからこそ成り立ったビジネスモデルです。

 

消費者は百貨店の仕入れ価格を、百貨店は中間業者の仕入れ価格を、それぞれ知らないからこそかつてのアパレルの高利益体質が成り立っていたのです。

 

しかし、ユニクロに代表されるSPA(製造小売業)は中間業者を排除し、自社で生産したものを自社で販売するビジネスモデルを立ち上げました。

これにより、消費者は高品質で低価格な商品を購入できるようになりました。

 

Tシャツ一枚は1000円程度、という価格が認知されたため、百貨店のシェアは減少しました。

 

 

3.アービトラージはもう古い?

アービトラージの本質は”消費者が求めているポイントを追求する”点にあります。

 

ファッションのSPAにおいては、過剰な品質やサービスよりも、ベーシックで買いやすい価格で洋服は良い、と考えるニーズを追求したものになります。

 

しかし、こうしたアービトラージは他社による追随も多く、SPA業態の多くがファストファッション系の企業やEC系のサイトに押されているのは周知の事実です。

 

インターネットの登場で、以前ほどアービトラージを用いたビジネスモデルの賞味期限が長くなくなったことがとても大きいのです。

 

そんな中で、面白いビジネスモデルの企業があったのでご紹介します。

 

4.アパレルECサイト”エバーレーン

www.everlane.com

 

アメリカのファッション通販の企業ですが、このビジネスモデルの大きな特徴は、”商品の原価も生産している工場もオープンにする”という点です。

 

これらを具体的に表示し、かつ”一般的なセレクトショップでの販売価格”も記載します。

 

同程度のクオリティーの商品が安く購入できることと、それがオープンになっている点が非常に大きな差別化要因になります。

 

このエバーレーンファーストリテイリングの柳井会長が”最も日本に参入してほしくない企業の一つ”と評しております。

 

また、アメリカでは急成長しているビジネスモデルになります。

 

こうしたアービトラージを完全に排除したビジネスモデルがあることも参考になりますね。

 

さいごに

アービトラージの発想を持ってビジネスを考えると、今までの固定概念が減ってくると思います。

当然だと思っていたクオリティーや仕事などを排除し、消費者が求めている本質を理解するのは簡単ではありませんが、情報収集を怠らずに常に考え続けることでその力は鍛えられると大前さんは述べています。

 

ご一読ありがとうございました。

子供の寝かしつけについて 小スクワットの効果

Free stock photo of love, cute, young, happy

 

はじめに

今回のサマリーは下記の内容になります。

 

  • 我が家の寝かしつけ
  • 小スクワットの効果
  • 縦揺れで子供が寝る原理

 

我が家の寝かしつけ

私の娘は現在8か月です。

もともと寝つきは良いほうなので寝かしつけに苦労した覚えはありませんでした。

 

しかし、最近暑いのか夜中起きて泣いていることも多くなりました。

 

以前は母乳をあげれば問答無用で寝ていましたが、成長したのかそれだけでは足りないみたいです。

 

そんな時の私の寝かしつけは”抱っこ小スクワット”です。

子供を抱っこした状態で一定のリズムで小さくスクワットをします。

 

小スクワットの効果

娘は小スクワットが好きなので、これをやられると

  1. 泣き止む
  2. うとうとする
  3. 寝る

という流れで夜泣きは終了します。

 

シンプルな方法ですが、座った状態での縦への揺らしや、横揺らしでは起きてしまいます。

重要なのは立った状態での小スクワット(縦揺れ)のようです。

 

 

縦揺れで寝る原理

大人でも電車の中でウトウト眠ってしまうことがあります。

 

これは”1Hz(=1秒間に1回程度)に適度な揺れだと眠くなる”と科学的に研究もされているようです。

電車やバスの揺れも、一定間隔で揺れが起こるためこの現象が起こりやすいようです。

 

大切なのは”一定間隔”で”適度な揺れ”であることみたいです。

 

リズムを早くしたり、大きな揺れにしても眠くならないので注意しましょう。

 

さいごに

小スクワットは子供も寝ますし、こっちの運動になるのでとても有効です。

まだ試したことのない方は、ぜひ一度お試しください。

 

また、私が小スクワットをやるときに意識していることは、

  • 揺らすことよりも、”膝の力を一瞬抜く”
  • 子供が寝ることよりも、小スクワットの”回数”を意識して行う
  • なんでもいいので近いリズムの歌を歌う

ですね。

 

寝かしつけは時間がかかることもありますので、力を入れずに膝を抜く感覚でやると長時間スクワットができるのでお勧めです。

 

ご一読ありがとうございました。

まだ電話しているの? チャット仕事術のすすめ

Free stock photo of marketing, man, person, communication

 

はじめに

今回はチャットを仕事で使うメリットについてお話します。

サマリーは下記の内容になります。

 

  • 電話は”時間泥棒”
  • チャットはリアルタイム。メールは持ち帰り
  • おすすめのチャットサービス

 

電話は時間泥棒

 

堀江さんの書籍『多動力』がベストセラーになっていますが、その中で印象的なフレーズがあります。

「私は電話をしてくる人とは仕事をしない」

 

堀江さんはメールやチャットで要件を伝えられるのにも関わらず、電話を使って相手の時間を奪う人は時間に対する意識が薄い、と指摘しています。

 

電話についてはコミュニケーションツールとしてはとても優れていますが、デメリットも多いです。

  • 電話中は他の作業は一時中断する必要がある
  • 相手の状況はお構いなし
  • 対面での話ほど意思疎通が図れない
  • 記録が残らない

といった点です。

 

こうした点を鑑みると、要件を伝えるだけならばメールやチャットで連絡すればいいですし、本当に重要なコミュニケーションをする場合は直接会って話をしたほうがいいですね。

 

チャットはリアルタイム文化

元グーグル社員の方が書かれた書籍『世界一速く結果を出す人はなぜメールを使わないのか』では、「チャットはリアルタイム文化。メールは持ち帰り文化」と表現しています。

 

チャットの場合はネット上の”会話”に近く、相手の発言に即レスポンスを返すことが可能です。

メールは反対に、一度受けた相手の発言に対し、一度開封し、内容を確認してどう返答するか考えるといったステップが多いのです。

 

これはどちらが優れているということではありません。

 

すぐレスポンスができない案件もありますので、メールのこういった要素が求められる場面も多いでしょう。

 

しかしながら、日本企業で働いていると決定のスピード感が遅く、なんでもかんでも「一度社に戻って検討します」という意識があり、仕事を持ち帰ってしまいます。

 

グーグルのようなスピード感が求められる職場で働く著者は、チャットのようにリアルタイムで会話をし、結論をスピーディーに出すことが必要だと述べています。

 

特に、社内の人間に対していちいちメールで「~様。お疲れ様です。」のような形式的な文面を作ったり、細かい要件でメールを送るのは合理的ではないですね。

 

考える時間が必要だと思われる案件以外は原則チャットで即座にレスポンスをする姿勢が日本企業にも必要だと思います。

 

おすすめのチャットサービス

 社内でチャットのインフラがない場合は、無料で使えるチャットサービスを利用してみてください。

 

私のお勧めは「Skype」か「Slack」になります。

 

www.skype.com

 

slack.com

 

どちらも無料で使用できるサービスです。

 

それぞれのメリットについて説明します。

 

Skype

  • 世界中で広く使われている
  • ビデオ電話も活用できる
  • マイクロソフトアカウントがあれば新規登録は不要

Slack

  •  外部サービスとの連携が豊富
  • デザインをカスタマイズ可能
  • プログラミングコードを投稿できる

私の感覚的には、「老舗のSkypeとオシャレなIT系のSlack」といった感じです。

 

どちらもチャット機能は不足なく使えるので、まず初めに検討してみてください。

 

さいごに

日本企業は生産性が低い、と近年叫ばれています。

それは、時間の使い方が悪く、意思決定が遅いことだと思います。

 

1つの案件を決めるだけでも長い電話や会議をする。それで決まればまだいいですが結局結論は決まらないといった場面も多いのではないでしょうか。

 

チャットを利用するだけでこうした要因が無くなるわけではありませんが、少しでも時間を有効活用する手助けになると思います。

 

まだご利用されていない方は、ぜひチャットサービスを一度お試しください。

 

ご一読ありがとうございました。