SNOWBALL EFFECT

《天文》雪だるま効果、雪玉効果

ファイナンシャル教育について ①

 

はじめに

本日、Newspickで読んだ記事を参考にファイナンシャル教育について考えていきます。

 

newspicks.com

 

論者のムービー・キムさんは『最強の働き方』の印象が強かったですが、Newspickのおなじみのコラムニストみたいです。

 

著書もとても面白かったですが、今回の記事も考えさせられる点が多かったです。

 

グローバルで活躍するためには

キムさんはこの条件として、

  1. グローバルで通用する能力がある
  2. 相手の視点から「見る」「感じる」「考える」ことができる

としています。

 

1.については、「ローカルマーケットで第一人者になる」としており、「この国のこのことは~に聞けば必ずわかる」というところまで情報収集と知識をつけることで、代わりのいないビジネスパーソンになることができる。

 

2.については、1国のメディアだけではその国の大衆向けの情報に偏ってしまうため、国際的な情報を多角的に収集しようとする必要があると述べています。

 

1.2とも、重要なのは「主体的に」情報収集をすることだと感じました。

 

金融リテラシーを高めるためには

ファイナンシャル教育において、最も最適なのは「実際に投資をしてみる」ことだと述べています。

周到な準備をして、様々なパターンを想定しても市場は何が起こるか分からない。

だったら、少額で少しずつ投資をして、トライ&エラーをしていくほうが合理的とされている点はとても納得のいくものでした。

 

何より、「お金について学ぶことでインセンティブが生まれる」点は国際的に働かれているキムさんならではだと思います。

 

自分にも子供にもファイナンシャル教育を

日本は「お金について話すこと、学ぶことが品がなく、汚い」みたいな風習があるとよく言われます。

若い人はそうでもないと思いますが、結構年を取った人、特に学校の教師の方々に多い印象があります。

 

資源も少なく、少子高齢化していく日本において、「お金にお金を稼いでもらう」知識は非常に重要なものであり、自分にも、自分の子供にもファイナンシャル教育をすることが必須です。

 

あくまで少しずつ、トライ&エラーをしていくためにまずは少額の投資をしてみて、そのための情報収集を主体的に行うのがスタートだと思いますので、皆様もぜひお試しください。

One Note 使用レビュー①

 

One Noteとは

マイクロソフトが提供する、デジタルノートです。

オンライン上でメモした内容をクラウド上で管理することで、場所や端末を問わず共有できるノートになります。

 

Microsoft OneNote | The digital note-taking app for your devices

 


EvernoteからOne Noteへ

私は2010年ごろからEvernoteのユーザーでした。

Evernote自体の不満は特になかったのですが、One Noteのメリットを聞いたところ試してみました。

 

EvernoteとOne Noteのメリット・デメリット

Import content from Evernote to OneNote

こちらにも書かれていますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

私としては、

  • One Noteのノート⇒セクション⇒ページの階層に分かれている仕様が、活動の記録を付けるのに適しているから
  • One Noteの方が若干軽いため、PCへの負担が少ない
  • Evernoteの同期できる端末が制限されたため

これらを理由にOne Noteに変えようと考えました。

 

One Noteを使ってみて

これから継続して使用してレビューを続けていきますが、使い始めて感じたことをお話しします。

  • ノート⇒セクション⇒ページの階層に分かれている点は、ログを付けるのに便利で、瞬間的に見たいノートを開きやすい
  • フォントや仕様が意外とスタイリッシュで使ってて楽しい
  • web上での作業はあまり向いていない
  • あくまで、PCのアプリとスマートホンのアプリで使うのが基本
  • PCのアプリの起動は若干重たい
  • グーグルのサービスと異なり、端末ごとにアカウントとパスワードの入力が若干面倒

など感じています。

 

使い始めて間もないので不満や慣れていないポイントも多いですが、機能としてはEvernoteに劣るところはほとんどないため、継続して使っていけると思います。

 

上手くグーグル系のサービスと併用して、場所を問わず仕事や作業ができればと思っています。

 

今後もレビューをしていきますので、ご検討されているかたは参考にしてください。

https://www.onenote.com/

読書レビュー 『科学的に元気になる方法を集めました』 堀田 秀吾著

 

はじめに

今回はこちらの本のレビューを書いていきます。

 

 モチベーション向上や体調管理のビジネス書が最近増えていますが、こちらの本の特徴は「科学的な研究がされている」ことをメインに打ち出しているところです。

 

そして、内容自体もシンプルで取り入れやすいので、無理なく日常生活に活かしていける書籍になります。

 

やる気を出し、元気に仕事をするために

①とにかくやり始めること 

 決まった時間に設定してまずは始めることでやる気のスイッチが入る 

 

②口を大きく広げる笑顔はストレスを軽減する 

 

③顎を引き、おへそとお尻に力を入れ、背筋をシャンとすると気持ちが積極的になり、ストレスホルモンが減少する 

 

④気乗りしない仕事や作業のときは、動作に効果音を付けると効果や効率がアップする 

 

⑤胸を大きく張ると痛みに対するストレス耐性が高くなる 

 

⑥20~30分のマイクロスリープで、能力が睡眠前よりも34%向上する(NASA) 

 

⑦繰り返し同じ行動を繰り返すことで、神経回路は強化される 

  苦手な作業や仕事でも繰り返すことで上手くなる

 

怒りやイライラ、人間関係のストレスの軽減方法

①瞬間的な怒りは人にぶつけても解消はされない 

 

②人間関係の解決法は、人を減点法で見ないこと 

 

③コーヒー豆の香りには、睡眠不足や疲労の原因とされている、活性酸素によって破壊された脳細胞を呼び戻す効果がある 

 

すぐに使えるテクニック

①「深呼吸」は自律神経を整える 

 特に、一息20秒以上の長い深呼吸は緊張やストレスの軽減する 

  何かストレスを感じたら、まず深呼吸をする

 

②勝負の直前に「不安を書き出す」ことでパフォーマンスが高まる 

 脳のワーキングメモリが解放されるため 

 

③朝起きたときに息があがるくらいの運動をすることで脳がベストな状態になる 

 できる人は朝運動をしている 例:村上春樹 

 

④身近な人が喜ぶことを週に5回以上すると幸福度が高まる 

 

最後に

上記は私がいくつか抜粋したものなので、本書を読むともう少したくさんのメソッドが書かれています。

これらを、スマートホンのホーム画面に張り付け、何度も見ることで習慣化されていくのが理想です。

是非ご一読とお試しください。