読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナンシャル教育について ①

 

はじめに

本日、Newspickで読んだ記事を参考にファイナンシャル教育について考えていきます。

 

newspicks.com

 

論者のムービー・キムさんは『最強の働き方』の印象が強かったですが、Newspickのおなじみのコラムニストみたいです。

 

著書もとても面白かったですが、今回の記事も考えさせられる点が多かったです。

 

グローバルで活躍するためには

キムさんはこの条件として、

  1. グローバルで通用する能力がある
  2. 相手の視点から「見る」「感じる」「考える」ことができる

としています。

 

1.については、「ローカルマーケットで第一人者になる」としており、「この国のこのことは~に聞けば必ずわかる」というところまで情報収集と知識をつけることで、代わりのいないビジネスパーソンになることができる。

 

2.については、1国のメディアだけではその国の大衆向けの情報に偏ってしまうため、国際的な情報を多角的に収集しようとする必要があると述べています。

 

1.2とも、重要なのは「主体的に」情報収集をすることだと感じました。

 

金融リテラシーを高めるためには

ファイナンシャル教育において、最も最適なのは「実際に投資をしてみる」ことだと述べています。

周到な準備をして、様々なパターンを想定しても市場は何が起こるか分からない。

だったら、少額で少しずつ投資をして、トライ&エラーをしていくほうが合理的とされている点はとても納得のいくものでした。

 

何より、「お金について学ぶことでインセンティブが生まれる」点は国際的に働かれているキムさんならではだと思います。

 

自分にも子供にもファイナンシャル教育を

日本は「お金について話すこと、学ぶことが品がなく、汚い」みたいな風習があるとよく言われます。

若い人はそうでもないと思いますが、結構年を取った人、特に学校の教師の方々に多い印象があります。

 

資源も少なく、少子高齢化していく日本において、「お金にお金を稼いでもらう」知識は非常に重要なものであり、自分にも、自分の子供にもファイナンシャル教育をすることが必須です。

 

あくまで少しずつ、トライ&エラーをしていくためにまずは少額の投資をしてみて、そのための情報収集を主体的に行うのがスタートだと思いますので、皆様もぜひお試しください。

One Note 使用レビュー①

 

One Noteとは

マイクロソフトが提供する、デジタルノートです。

オンライン上でメモした内容をクラウド上で管理することで、場所や端末を問わず共有できるノートになります。

 

Microsoft OneNote | The digital note-taking app for your devices

 


EvernoteからOne Noteへ

私は2010年ごろからEvernoteのユーザーでした。

Evernote自体の不満は特になかったのですが、One Noteのメリットを聞いたところ試してみました。

 

EvernoteとOne Noteのメリット・デメリット

Import content from Evernote to OneNote

こちらにも書かれていますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

私としては、

  • One Noteのノート⇒セクション⇒ページの階層に分かれている仕様が、活動の記録を付けるのに適しているから
  • One Noteの方が若干軽いため、PCへの負担が少ない
  • Evernoteの同期できる端末が制限されたため

これらを理由にOne Noteに変えようと考えました。

 

One Noteを使ってみて

これから継続して使用してレビューを続けていきますが、使い始めて感じたことをお話しします。

  • ノート⇒セクション⇒ページの階層に分かれている点は、ログを付けるのに便利で、瞬間的に見たいノートを開きやすい
  • フォントや仕様が意外とスタイリッシュで使ってて楽しい
  • web上での作業はあまり向いていない
  • あくまで、PCのアプリとスマートホンのアプリで使うのが基本
  • PCのアプリの起動は若干重たい
  • グーグルのサービスと異なり、端末ごとにアカウントとパスワードの入力が若干面倒

など感じています。

 

使い始めて間もないので不満や慣れていないポイントも多いですが、機能としてはEvernoteに劣るところはほとんどないため、継続して使っていけると思います。

 

上手くグーグル系のサービスと併用して、場所を問わず仕事や作業ができればと思っています。

 

今後もレビューをしていきますので、ご検討されているかたは参考にしてください。

https://www.onenote.com/

読書レビュー 『科学的に元気になる方法を集めました』 堀田 秀吾著

 

はじめに

今回はこちらの本のレビューを書いていきます。

 

 モチベーション向上や体調管理のビジネス書が最近増えていますが、こちらの本の特徴は「科学的な研究がされている」ことをメインに打ち出しているところです。

 

そして、内容自体もシンプルで取り入れやすいので、無理なく日常生活に活かしていける書籍になります。

 

やる気を出し、元気に仕事をするために

①とにかくやり始めること 

 決まった時間に設定してまずは始めることでやる気のスイッチが入る 

 

②口を大きく広げる笑顔はストレスを軽減する 

 

③顎を引き、おへそとお尻に力を入れ、背筋をシャンとすると気持ちが積極的になり、ストレスホルモンが減少する 

 

④気乗りしない仕事や作業のときは、動作に効果音を付けると効果や効率がアップする 

 

⑤胸を大きく張ると痛みに対するストレス耐性が高くなる 

 

⑥20~30分のマイクロスリープで、能力が睡眠前よりも34%向上する(NASA) 

 

⑦繰り返し同じ行動を繰り返すことで、神経回路は強化される 

  苦手な作業や仕事でも繰り返すことで上手くなる

 

怒りやイライラ、人間関係のストレスの軽減方法

①瞬間的な怒りは人にぶつけても解消はされない 

 

②人間関係の解決法は、人を減点法で見ないこと 

 

③コーヒー豆の香りには、睡眠不足や疲労の原因とされている、活性酸素によって破壊された脳細胞を呼び戻す効果がある 

 

すぐに使えるテクニック

①「深呼吸」は自律神経を整える 

 特に、一息20秒以上の長い深呼吸は緊張やストレスの軽減する 

  何かストレスを感じたら、まず深呼吸をする

 

②勝負の直前に「不安を書き出す」ことでパフォーマンスが高まる 

 脳のワーキングメモリが解放されるため 

 

③朝起きたときに息があがるくらいの運動をすることで脳がベストな状態になる 

 できる人は朝運動をしている 例:村上春樹 

 

④身近な人が喜ぶことを週に5回以上すると幸福度が高まる 

 

最後に

上記は私がいくつか抜粋したものなので、本書を読むともう少したくさんのメソッドが書かれています。

これらを、スマートホンのホーム画面に張り付け、何度も見ることで習慣化されていくのが理想です。

是非ご一読とお試しください。

マンガ×ビジネス 『ベイビーステップ44巻』

 

気力=モチベーションの元になるものとは?

日本ランキング上位の吉道さんとのゲームで、その気合いの乗ったプレイに押される場面で思い出したシーンです。

 

f:id:noelsnowball:20170509141327j:plain

f:id:noelsnowball:20170509141331j:plain

自分の思いの原点を質問の形で追及していくと、根本的な欲求(モチベーション)に到達します。

 

f:id:noelsnowball:20170509141424j:plain

プロになった英一朗は自分の中にある「使命感」が気持ちの元になっていることに気が付きます。

 

自分の思いを突き詰めていくと根本的な欲求に到達する

このように、「なぜ?」と突き詰めていくことで、自分の中の本当の想いが明確になってきます。

日本においては、学校教育や就職活動で定型的な希望や望みを刷り込まれますので、次第に本当に自分が欲していることが分からなくなることが多いと思います。

 

自分にとっての飾らない気持ち(根本的な欲求)が分からないと、自分がなぜこんなことをやっているのか?と疑問が出てきてしまい、モチベーションを上げることが難しくなります。

 

使命感でなくてもいいので、自分の気力の元を考えよう

英一朗は使命感が気力の元と認識しました。

全ての人が同じような欲求である必要はありませんが、このように、取り組むべき対象に対して、「なぜこれをやっているのか?」「自分の本当の望みは何か?」と自問自答を定期的に行うことは非常に大切です。

 

会社の仕事にすべてをささげ、お金も時間もあるけれどもやりたいことがないため、ボーっと一日中過ごしてしまう方も日本人には多いのです。

 

少しずつでいいので、これらを考えることで、モチベーションを高め、充実した毎日を過ごせるようになります。

 

是非、『ベイビーステップ44巻』をお読みいただき、モチベーションを高めてください。

 

Amazon販売 二段階認証の設定方法

 

Amazonアカウントの乗っ取り防止のための二段階認証

最近、Amazon上でのアカウント乗っ取りが騒がれていますが、対応してAmazonから二段階認証の依頼が来ている方も多いと思います。

 

購入用のアカウントと同様に、セラー用のアカウントもセキュリティを強化しなければ乗っ取られる危険性があるため、是非二段階認証の設定をしましょう。

 

二段階認証の設定方法

  1. セラーセントラル右上の「設定」より「ログイン設定」にアクセス

  2. ログインする

  3. 「高度なセキュリティの設定」で「編集」をクリック、「設定を開始」をクリック

  4. コードの受け取り方法として「テキストメッセージ(SMS)」か「認証アプリ(Google認証システム、Microsoft Authenticator等をアプリストアでダウンロード)」のいずれかを選択

    ・「テキストメッセージ(SMS)」の場合、電話番号を入力

    ・「認証アプリ」の場合、QRコードをスキャン

  5. 電話番号に送信されたコード、または認証アプリによって生成されたコードを入力した後、「コードを確認して続行」をクリック

  6. 次の画面で、登録の電話番号にアクセスできなくなった場合のバックアップ手段を設定します。下記のいずれかを行ってください。

    ・バックアップの電話番号を追加して、コードの受信方法を選択する(テキストメッセージまたは音声電話)。

    認証アプリをダウンロードする。登録の電話番号でコードを受信できない場合に、セキュリティコードを生成できるようになります。

 

設定自体は5分から10分程度で可能ですので、一度お試しください。

絶対に損しないPCテクニック 『単語登録』

 

良く使う単語をパソコンに登録することで、文字入力をスピードアップ

仕事、プライベートにかかわらず、パソコンでの文字入力は皆さん行っていると思います。

その中で、使用頻度の高い単語をPCに覚えてもらい、短い入力で表示してくれる機能があります。

 

それが『単語登録』機能です。

 

エクセルやワードのショートカットも、仕事の効率化には重要ですが、この単語登録は手軽さや有用性において他の追随を許さないです。

 

単語登録をすることのメリット

  • 入力のスピードアップ
  • 入力間違いの減少
  • 登録自体の手間も少ない
  • 修正と改善が容易

大まかなメリットとしてこれらが挙げられます。

特に重要なのは3番目と4番目です。

 

後にご説明しますが、単語登録自体は数秒で可能です。

作業中に「何度も入力しているな」と感じたら、即座に登録をすることが可能です。

 

また、登録してからの修正・改善も簡単なので、エクセルのマクロの記憶のように一度失敗しても大した被害にはならないのがポイントです。

 

単語登録の方法

 

f:id:noelsnowball:20170508213846j:plain

パソコンの右下にあるタスクバーの「ツール」をクリックします(右から4番目)

 

f:id:noelsnowball:20170508213954j:plain

上記の中の「単語の登録」をクリックします

f:id:noelsnowball:20170508214041j:plain

こちらが単語登録画面になります。

 

登録したい単語(使用頻度の高い単語)=「単語」欄に入力

呼び出したいキーワード=「よみ」欄に入力

 

上記を入力してEnterを押すと登録ができます。

 

単語登録の例

良く使う単語は人それぞれですが、例を載せておきますので参考にしてください。

 

  • 「いつもお世話になっております」⇒いつも
  • 「有難うございます」⇒あり
  • 「よろしくお願いいたします」⇒よろ
  • 「お手数ですが」⇒おて  

ビジネスで良く使われるのはこれらが代表的なものになります。

これ以外にも、メールアドレスの頭文字や自分の名前の頭文字も登録しておくと楽になります。

 

是非、単語登録を使って作業の効率化をしていきましょう。

Amazon販売 品薄商品のリサーチ方法

 

需要はあるけれども供給が少ない(=品薄商品)について

タイトルのような品薄商品がAmazon販売でも最もねらい目になります。

こういった商品はライバルが少ないけれども、人気があるため高単価・高回転で売れる可能性があるためです。

こういった商品をリサーチし、先行して展開することで大きな利益を見込むことができます。

 

品薄商品のリサーチ方法について

今回のリサーチ方法は、主観的な「ブルーオーシャンを見つける!!」ようなものとは異なり、あくまでデータを利用して品薄商品を探す方法をご紹介します。

 

その方法は、Amazonセラーセントラルの出品大学のデータを利用することです。

 

出品大学とは

Amazonが提供している、販売者向けのサイトになります。

Amazon出品大学 | 無料で学べるオンライン講座

 

初心者には特に有用で、販売開始からレポートの運用までの幅広い情報がネット上にアップされているため、場所を問わず学ぶことが可能になります。

 

一つ注意点は、セラーセントラルにログインする必要がある、というところです。

つまり、Amazonの出品者に登録していないと利用ができませんのでご注意ください。

 

出品大学の品薄データの入手方法

実際にデータを入手する方法をご説明します。

出品大学にログインし、左側にある目次の一番下にある「レポートとデータを活用しよう」をクリックします。

 

そうするといくつかリンクが出てきますので、その中の「出品おすすめデータ(売れ筋/品薄欠品/FBA推奨リスト)を選択します。

 

その後、各カテゴリーから品薄データをエクセル形式でダウンロードができますので、クリックをし、エクセルデータを入手します。

 

品薄データの活用方法

エクセルデータには膨大な量の商品が記載されています。

そのままだと多すぎるため、オートフィルタを使い、目的に沿ったものを入手するようにします。

私がおすすめしているのは、フィルタ「FBA推奨」と「品薄可能性」になります。

 

FBA推奨は、売れているがFBAの出品者が少ない(=自社発送が多い)商品のことです。

こちらは相乗り出品をされている方におすすめです。

なぜならAmazonのカート獲得の優先順位の一つが、FBA出品をしているか、になっているからです。売れている商品のカート獲得可能性を高められるため、お勧めです。

 

品薄可能性は回覧数が多いけれども出品数が少ない、または誰も出品をしていない商品になります。

こちらは純粋に供給が需要に対して少ないため、出品した際は即売れる可能性もあります。

 

品薄商品の注意点

上記のリサーチ方法は非常に有用ですが、注意点もあります。

品薄商品だと考え、仕入れて出品したところ、Amazonに出品してはいけないコピー商品などで、販売停止になってしまう、というケースもあります。

 

このようなリスクを回避するためにも、出品する前にブランドの権利関係の確認を必ず行うようにしてください。

 

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

こちらのリンクで商標や意匠権登録がされているかを確認できますのでご利用ください。

 

是非品薄リサーチをしていただき、販売促進を目指してください。