SNOWBALL EFFECT

《天文》雪だるま効果、雪玉効果

”マンガから学ぶ” 『ベイビーステップ 26巻』 藤木 光著

「攻めたうえでのミスこそが上達の種!!」

 

  • 大人気漫画『ベイビーステップ 26巻』からの名言です
  • 仕事、人生での重要なマインドセット

 

鹿梅高校の監督の名言

週刊少年マガジンで人気連載中のベイビーステップ 26巻から、役立つ名言をご紹介します。

 

テニスの全日本ジュニア準決勝戦での丸尾対神田の試合中の回想シーンからです。

 

序盤から圧倒的な攻めるテニスで丸尾を追い詰める神田。

そのミスを恐れず攻め続ける姿勢は、彼の所属する鹿梅高校のテニス部で培われました。

 

そのテニス部の監督は「守備的に試合をすると注意され」、「負けても強気で行けば褒められる」という指導方針です。

 

まだ入部したての神田はその指導方針に疑問を抱きながら校内での試合を行い敗北します。

 

その時の監督からの神田へのお話しがとても勉強になります。

 

 

f:id:noelsnowball:20170227170650p:plain

 

f:id:noelsnowball:20170227170644p:plain

 

ここでのポイント

  • 人は本能的に戦いを避けるが、いざ戦いになると攻めて勝ちたいもの
  • 本能的に戦うことで、自分のいまの限界が分かる
  • 攻め続けることで苦戦し、弱気が顔を出すがそれを振り払い、壁を超える
  • 壁を越えた瞬間に自分の世界が変わる
  • 攻めたうえでのミスこそ上達の種であり、挑戦の証である

人生における大切なマインドセット

ここではテニスの試合におけるマインドセットでの名言でしたが、こちらは人生においても重要なことを教えてくれます。

 

人間は経験を重ねるとより保守的になり、新しいことへの挑戦をしなくなります。

それにはいろいろな理由があります。

「ミスしたら恥ずかしい」や「挑戦しても無意味」といった弱気な考えです。

 

その弱気を振り払い、挑戦を続けることで世界を変えることができる!!と監督は教えてくれます。

 

新しいビジネスを始める、転職をするなどの自分における挑戦をする際に、

この言葉を思い出して挑戦し続けましょう。

 

必ず挑戦したことで世界は変わり、そのことを誇りに思える日がきます。

 

 

健康術 『sworkit』 アプリでトレーニングを習慣化

パーソナルトレーニングのアプリ『sworkit』をご紹介します。

 

こちらの記事の内容は

です。

 

『sworkit』とは?

スマートホンで使えるトレーニングのアプリです。

5分から60分の時間を選び、トレーニングの目的を選ぶとメニューを組み立ててくれます。

トレーニングのメニューは豊富にあり、大きい分類だと「ヨガ」「ウエイトトレーニング」「サーキットトレーニング」「ストレッチ」があります。

 

30秒ごとに、腕立て⇒スクワット⇒腹筋といったメニューを指示してくれ、短時間で効率的なトレーニングができます。

また、課金をすることで自分でカスタマイズしたトレーニングメニューを作ることも可能です。

 

『sworkit』を使ってみた感想

一言でいうと非常に優れています。

私は課金をしていませんが、全く問題なく使えています。

 

大きなメリットとしては

  1. ジムに行かなくても運動ができる
  2. 短い時間でもできるので継続が楽
  3. トレーニングメニューが豊富なので飽きない

です。

 

運動を習慣化しようとしても、実際には様々な障害が発生します。

私の場合は、

  1. ジムに行くのがそもそもめんどくさい。着替えや道具を持ってくのが嫌だ
  2. 週2回行くのがマックスのジムに、月5000円以上かけていくのがもったいない

があります。

 

sworkitは自宅で部屋着の状態でできますし、隙間時間でもトレーニングができます。

 

特に最初は「1日5分だけ」トレーニングをするのを1週間から2週間続けるのがポイントです。

最初は5分でも辛いですが、徐々に成れてきて体力がついてくると、むしろ5分だと物足りなくなります。

人間は筋肉が鍛えられると、その筋肉を自然と使いたくなってしまう本能があるからみたいです。

 

そうして次第に時間を延ばしたり、トレーニングの強度を上げていくことを2週間~3週間続ければ習慣化ができます。

 

運動の習慣化に有効なのは、導入と実行のハードルを極限まで下げることです。

『sworkit』を使えば、お金もかからず、移動も着替えも不要でトレーニングができますので、非常に理にかなっています。

 

是非一度お試しください。

セミナーの感想 『伝わる話し方』 

伝わる話し方はテクニックと練習で習得できる!!

 

ストリートアカデミーの『伝わる話し方』のセミナーに参加してきました。

講師の方は元劇団四季の俳優さんで、前職はNTTの人事部と異色の経歴でした。

 

セミナーは3時間ほどでしたが、とても実践的で有意義な内容でした。

 

セミナーで学んだ内容をご紹介させていただきます。

 

  • 伝わる話の構成にはルールがある
  • 具体例で説得力を出す
  • 話す姿勢について

伝わる話の構成にはルールがある

このルールはシンプルです。

  1. 最初に話のゴールを伝える
  2. ストーリーのセンテンツが何個あるか伝える=ナンバリング

以上です。

簡単ですが、かなり重要なポイントです。

人は他人の話を聞くときに、ゴールがどこにあるか分からないと聞く気がなくなる。かつ、ゴールに向かってどのくらいのポジションにいるのかが分からないと苦痛に感じる

映画の脚本でも、最初の15分にどれだけゴールや複線を見せることができるかが勝負と言われているみたいです。

 

また、ナンバリング(いくつ話があるのかを明示する)をすることも相手の集中力を保つために重要です。

 

具体例で説得力を出す

こちらは、「体感」「事例」「数字」などの具体的な例を出すことです。

抽象的な話だけですと、聞き手は話し手に共感ができず、話に納得することが難しくなります。

 

ビジネスでは数字で話すのが重要とも言われていますが、数字や体感など、聞き手側でも理解できる事例を使うことで、共感を得ることができます。

 

話す姿勢について

こちらは意識するだけですぐ実践できるテクニックです。

  • 聞き手に対して正対する
  • 両手をきちんと見せる
  • 笑顔
  • ジェスチャーをオーバーに使う

特に上の3つは、「相手に対してオープンです」という意思表示になりますので必ず意識したいですね。

 

最後に ~練習が大切。稽古で創造し、本番で破壊する~

 

上記のテクニックを身に着けるために最も確実なのは「練習」です。

失敗をしてもいいので、慣れるまで何度でも練習することが大切です。

 

しかし、練習を繰り返すことで、「台本通りに話す」ことが重視されてしまうことは避けるべきだといわれています。

 

講師の方は劇団四季で「稽古で想像し、本番で破壊する」と習ったそうです。

 

これは、一生懸命稽古をして、本番を創造(作りこんでいく)しますが、いざ本番になったら、その日の自分の調子や聴衆の反応を察知して演技を変えていく、ということです。

 

あくまで演劇やプレゼンテーションは「聞き手とのコミュニケーション」が目的ですので、生の反応に応じて話し方や話す内容をその場で変えること(破壊する)ことが正解なのです。

 

本当に伝えたいポイントさえ明確ならば、そのほかのことは間違っても構いません(そもそも間違ったことは聞き手には分かりません)。

こちらは話をする際にとても重要なマインドセットなので勉強になりました。

 

上記の内容を実戦形式で学ぶことができたので、非常に有意義な講義でした。

皆さんもご興味があればストリートアカデミーで検索してみてください。