読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”マンガから学ぶ” 『ベイビーステップ 26巻』 藤木 光著

読書レビュー マンガ 仕事術 マインドセット

「攻めたうえでのミスこそが上達の種!!」

 

  • 大人気漫画『ベイビーステップ 26巻』からの名言です
  • 仕事、人生での重要なマインドセット

 

鹿梅高校の監督の名言

週刊少年マガジンで人気連載中のベイビーステップ 26巻から、役立つ名言をご紹介します。

 

テニスの全日本ジュニア準決勝戦での丸尾対神田の試合中の回想シーンからです。

 

序盤から圧倒的な攻めるテニスで丸尾を追い詰める神田。

そのミスを恐れず攻め続ける姿勢は、彼の所属する鹿梅高校のテニス部で培われました。

 

そのテニス部の監督は「守備的に試合をすると注意され」、「負けても強気で行けば褒められる」という指導方針です。

 

まだ入部したての神田はその指導方針に疑問を抱きながら校内での試合を行い敗北します。

 

その時の監督からの神田へのお話しがとても勉強になります。

 

 

f:id:noelsnowball:20170227170650p:plain

 

f:id:noelsnowball:20170227170644p:plain

 

ここでのポイント

  • 人は本能的に戦いを避けるが、いざ戦いになると攻めて勝ちたいもの
  • 本能的に戦うことで、自分のいまの限界が分かる
  • 攻め続けることで苦戦し、弱気が顔を出すがそれを振り払い、壁を超える
  • 壁を越えた瞬間に自分の世界が変わる
  • 攻めたうえでのミスこそ上達の種であり、挑戦の証である

人生における大切なマインドセット

ここではテニスの試合におけるマインドセットでの名言でしたが、こちらは人生においても重要なことを教えてくれます。

 

人間は経験を重ねるとより保守的になり、新しいことへの挑戦をしなくなります。

それにはいろいろな理由があります。

「ミスしたら恥ずかしい」や「挑戦しても無意味」といった弱気な考えです。

 

その弱気を振り払い、挑戦を続けることで世界を変えることができる!!と監督は教えてくれます。

 

新しいビジネスを始める、転職をするなどの自分における挑戦をする際に、

この言葉を思い出して挑戦し続けましょう。

 

必ず挑戦したことで世界は変わり、そのことを誇りに思える日がきます。

 

 

健康術 『sworkit』 アプリでトレーニングを習慣化

健康 アプリ 時短

パーソナルトレーニングのアプリ『sworkit』をご紹介します。

 

こちらの記事の内容は

です。

 

『sworkit』とは?

スマートホンで使えるトレーニングのアプリです。

5分から60分の時間を選び、トレーニングの目的を選ぶとメニューを組み立ててくれます。

トレーニングのメニューは豊富にあり、大きい分類だと「ヨガ」「ウエイトトレーニング」「サーキットトレーニング」「ストレッチ」があります。

 

30秒ごとに、腕立て⇒スクワット⇒腹筋といったメニューを指示してくれ、短時間で効率的なトレーニングができます。

また、課金をすることで自分でカスタマイズしたトレーニングメニューを作ることも可能です。

 

『sworkit』を使ってみた感想

一言でいうと非常に優れています。

私は課金をしていませんが、全く問題なく使えています。

 

大きなメリットとしては

  1. ジムに行かなくても運動ができる
  2. 短い時間でもできるので継続が楽
  3. トレーニングメニューが豊富なので飽きない

です。

 

運動を習慣化しようとしても、実際には様々な障害が発生します。

私の場合は、

  1. ジムに行くのがそもそもめんどくさい。着替えや道具を持ってくのが嫌だ
  2. 週2回行くのがマックスのジムに、月5000円以上かけていくのがもったいない

があります。

 

sworkitは自宅で部屋着の状態でできますし、隙間時間でもトレーニングができます。

 

特に最初は「1日5分だけ」トレーニングをするのを1週間から2週間続けるのがポイントです。

最初は5分でも辛いですが、徐々に成れてきて体力がついてくると、むしろ5分だと物足りなくなります。

人間は筋肉が鍛えられると、その筋肉を自然と使いたくなってしまう本能があるからみたいです。

 

そうして次第に時間を延ばしたり、トレーニングの強度を上げていくことを2週間~3週間続ければ習慣化ができます。

 

運動の習慣化に有効なのは、導入と実行のハードルを極限まで下げることです。

『sworkit』を使えば、お金もかからず、移動も着替えも不要でトレーニングができますので、非常に理にかなっています。

 

是非一度お試しください。

セミナーの感想 『伝わる話し方』 

セミナーレビュー

伝わる話し方はテクニックと練習で習得できる!!

 

ストリートアカデミーの『伝わる話し方』のセミナーに参加してきました。

講師の方は元劇団四季の俳優さんで、前職はNTTの人事部と異色の経歴でした。

 

セミナーは3時間ほどでしたが、とても実践的で有意義な内容でした。

 

セミナーで学んだ内容をご紹介させていただきます。

 

  • 伝わる話の構成にはルールがある
  • 具体例で説得力を出す
  • 話す姿勢について

伝わる話の構成にはルールがある

このルールはシンプルです。

  1. 最初に話のゴールを伝える
  2. ストーリーのセンテンツが何個あるか伝える=ナンバリング

以上です。

簡単ですが、かなり重要なポイントです。

人は他人の話を聞くときに、ゴールがどこにあるか分からないと聞く気がなくなる。かつ、ゴールに向かってどのくらいのポジションにいるのかが分からないと苦痛に感じる

映画の脚本でも、最初の15分にどれだけゴールや複線を見せることができるかが勝負と言われているみたいです。

 

また、ナンバリング(いくつ話があるのかを明示する)をすることも相手の集中力を保つために重要です。

 

具体例で説得力を出す

こちらは、「体感」「事例」「数字」などの具体的な例を出すことです。

抽象的な話だけですと、聞き手は話し手に共感ができず、話に納得することが難しくなります。

 

ビジネスでは数字で話すのが重要とも言われていますが、数字や体感など、聞き手側でも理解できる事例を使うことで、共感を得ることができます。

 

話す姿勢について

こちらは意識するだけですぐ実践できるテクニックです。

  • 聞き手に対して正対する
  • 両手をきちんと見せる
  • 笑顔
  • ジェスチャーをオーバーに使う

特に上の3つは、「相手に対してオープンです」という意思表示になりますので必ず意識したいですね。

 

最後に ~練習が大切。稽古で創造し、本番で破壊する~

 

上記のテクニックを身に着けるために最も確実なのは「練習」です。

失敗をしてもいいので、慣れるまで何度でも練習することが大切です。

 

しかし、練習を繰り返すことで、「台本通りに話す」ことが重視されてしまうことは避けるべきだといわれています。

 

講師の方は劇団四季で「稽古で想像し、本番で破壊する」と習ったそうです。

 

これは、一生懸命稽古をして、本番を創造(作りこんでいく)しますが、いざ本番になったら、その日の自分の調子や聴衆の反応を察知して演技を変えていく、ということです。

 

あくまで演劇やプレゼンテーションは「聞き手とのコミュニケーション」が目的ですので、生の反応に応じて話し方や話す内容をその場で変えること(破壊する)ことが正解なのです。

 

本当に伝えたいポイントさえ明確ならば、そのほかのことは間違っても構いません(そもそも間違ったことは聞き手には分かりません)。

こちらは話をする際にとても重要なマインドセットなので勉強になりました。

 

上記の内容を実戦形式で学ぶことができたので、非常に有意義な講義でした。

皆さんもご興味があればストリートアカデミーで検索してみてください。

 

読書レビュー 『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ』岩崎博史 田中英樹著

読書レビュー

生命科学は暗記科目ではない。基礎を学べる素晴らしい本でした。

東工大の講義の内容を本にしたこちら。

私自身、生命科学は暗記科目のイメージがありましたが、こちらの本は対話式でつかみやすい文章と池上さんの要約が素晴らしく、理解が簡単でした。

 

遺伝子、ゲノム、DNA、染色体の違い

良く聞く用語としてあるこれらは、なかなか違いといわれても説明できないものです。

こちらの本では、

「遺伝子」とは生命に関する情報の概念

「ゲノム」とは遺伝子の総称=その生命に必要な遺伝子のすべて

「DNA」とは遺伝子を担う物質

「染色体」とはDNAが集まったもの

と説明しています。

遺伝子とゲノムは情報(概念)であり、DNAと染色体は物体という説明はとても理解しやすかったです。

 

セントラルドグマとは

こちらのセントラルドグマの概念を理解できれば、生命科学の基礎はOKとこちらの本では書かれています。

 

セントラルドグマとは生命の統一原理とも呼ばれ、すべての生命に共通した働きのことです。 人間だろうが植物だろうが微生物だろうがすべてです。

そして、セントラルドグマは生命活動のすべてを担っているタンパク質を作る流のことを指します。

 

DNAからRNA(リボ核酸)に遺伝情報が転写(コピー)され、RNAからタンパク質がつくられる(翻訳とも呼ばれる)一連の流れです。

 

DNAは遺伝子の情報を担っている、非常に重要なものですから、一度RNAにコピーしてからタンパク質をつくるようです。 RNAはすぐ壊れてしまう転写機みたいなイメージですね。

 

多様性のある生命は強い

ゲノムには多くのムダが存在しますが、それは生命の多様性を作るうえで重要なものと言われています。

 

物質の生産工場のように、決まった商品を決まった材料と手順で組み立てるのとは生命の歴史は異なります。

手当たり次第いろいろな材料や手順を使っていき、上手くいったものを採用するという手法です。

 

最近、「多様性のある組織は強い」と言われることも多くなってきていますが、最初からフィルターをかけた人材だけで占められた組織よりも、多様な考え方や行動をする社員が集まった組織の方が物事に柔軟に対応できる、というイメージですね。

 

私たちの命はすさまじく巧妙かつ精密な仕組みでできていますが、それは祖先が様々なトライ&エラーを繰り返して出来上がったものということが分かりました。

 

分かりやすい内容と池上さんの聞き方で、どなたでも生命科学が楽しく学べる本書はとてもおすすめですので、是非ご一読ください。

 

 

読書レビュー 日経ビジネス 2月13日号 『すごい値付け』

読書レビュー

『値付け』は奥深い!! 

 

読書レビューというよりも雑誌のレビューになります。

日経ビジネス 2月13日号の特集記事『すごい値付け』についてです。

 

  • 日本のビジネスでは値付け(プライシング)の意識が低く、遅れている
  • 30万でも売れるソニーウォークマンもある
  • 中途半端な値付けではなく、ターゲットを明確にすることが重要

イチキュッパ戦略

よく使われている、1980円や980円の値段設定。

こちらは「イチキュッパ戦略」と呼ばれ、2000円や1000円に比べると割安感がでるため、購買意欲が増すとのことです。

 

しかし、家電量販店などではオープン価格が主流となり使われなくなったとか。

 

寡占市場に食い込むのなら、価格は数十分の一にする

通常何百万や何十万の商品でも、場所や用途に特化することで超格安にすることができるようになる。

株式会社シードのような、駐車場の設備投資が極端に安くできる仕組みで売り上げを伸ばしている企業も多いとのこと。

 

一日10円まで下げれば、売れないものも売れる可能性が出てくる

一日10円ということは年間3600円。

Amazonプライムも年間3900円と同じようなプライシングですね。

このくらいの価格設定だと顧客は試しやすいため、利益がでる仕組みを考えることができれば伸びる可能性があるとのことです。^

 

極端に値段を上げたり、極端に低価格にするなど、プライシングは非常に奥深いと感じました。

ただ物を販売するだけではデフレで利益が出にくくなっている状況から脱却するには、思い切った値付けの発想が必要かもしれませんね。

 

読書レビュー 『10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法』 山口楊平著

私が読んだビジネス書の中でも1,2を争う良書です。ぜひご一読ください。

ある若者である「僕」が、一人の「老紳士」と出会い成長していく物語です。

老紳士の教えてくれる言葉は、一つ一つが非常に勉強になります。

 

学習の方法・これからの働き方・ビジネスの起こし方・私生活についてなど、様々なことを教えてくれますが、決して押し付けではないので素直に受け入れることができます。

 

ポイントは

  • 学習は「計画・実行・検証・再行動」のサイクルをいかに早く回すかに習得の有無がかかってくる
  • 「失敗」という概念はない。上手くいかなかったやりかたが分かっただけ。なんでも少しずつ修正をしていくことが大切
  • 今後は大量生産、大量消費ではのサイクルではなく、循環型の社会に移行していく
  • 従来の結婚のスタイルは「終わコン」になりつつある
  • AIと共存するためには、共感を中心としたビジネスをしていく必要がある

などなどとても沢山あります。

 

私が特に気に入っているのは第一章の「学習」に関する部分です。

 

「頑張っている」や「才能やセンス」なんて不要

老紳士はあらゆる学習のテクニックとしてPDCAサイクルを高速で回すことを勧めています。

また、より効果的に学ぶために

  1. ラッキング(記録化)
  2. コーチを付ける

ことを提唱しています。

 

流れとしては

 ①大まかでいいので達成までの計画を立てる

 ②実際にやってみる

 ③上手くいかなかったところ、上手くできたところ、想定とは異なるところが分かる

 ④それらを記録に残す

 ⑤上手くいくために計画を修正してみる。この時に分からなければコーチに聞く

 ⑥再度、修正した計画を実行してみる

というものです。

 

老紳士は、「頑張っています!!」という気合をあまり好まず、このようなサイクルを少しずつでいいので回していくことこそが学習に必要としています。

 

ここで有名なウォーレンバフェットの「スノーボー(雪だるまをゆっくり転がして大きくしていく}」を例に出しています。

 

この学習プランをプロジェクトとして人生にいくつも立てることで、様々な知識やスキルの習得が期待できます。

 

皆様もぜひご一読とお試しください。

 

子育て 保育園の入園準備について

子育て

保育園に受かったので入園面談に行ってきました。

0歳児の娘が保育園に入園できることになったので、本日妻と面談に行ってきました。

 

面談の簡単な内容は

  • 子供の性格や健康などの情報交換
  • 入園に必要な道具の説明
  • 食事について 離乳食の説明が中心
  • 預け時間と緊急時の連絡先についての確認

といったところでした。

 

子供の性格や健康などの情報交換

完全に初対面の保育士さんとのお話なので、まず最初に自己紹介も含めてです。

印象的だったのは、事前に書いてきた提出書類の質問に「将来はどんな人間になってほしいですか?」とあったことと、それについての言及があったことです。

なんて言っても微妙な笑いになると思うので聞く必要あるのか?とも少し思いました。

 

入園に必要な道具の説明

これが一番時間がかかりました。一言でいうと非常にたくさんあり、かつ注意することが多いです。

具体的な内容については別の記事で書きますのでそちらをご覧ください。

 

食事について 

0歳児でも4,5カ月から離乳食をスタートするので、もう今週末から初めてみてくださいと言われて驚きました。

うちは完全母乳なのでミルクですら初体験なのに・・・

 

しかも結構手間がかかる感じでした。おかゆとか野菜スープとか。

世のお母さんは偉いです。

 

預け時間と緊急時の連絡先について

何時まで預けるのか?という質問が最初にありました。

正直あまり保育園の預け時間について知識がなかったのでドキドキしました。

 

また、緊急時の連絡先についても質問がありました。

最近は3.11のような震災があった場合に、事前に引き渡し登録をしていないと、いざ引き取りにいっても渡してもらえないこともあるそうです。

 

普段は保育園に引き取りに行かない祖父母が震災のときにいっても、登録していないと渡してもらえない・・・

防犯上の仕組みとして素晴らしいですが、厳しいです。

 

面談は思ったより時間がかかり、約2時間程度でした。

 

むしろこれからの入園の準備が大変そうです。

妻にだけ押し付けず、できることは積極的にやらないとダメだと痛感しました。