SNOWBALL EFFECT

《天文》雪だるま効果、雪玉効果

一日一冊読書術 簡単にできる速読のコツ

Free stock photo of wood, caffeine, coffee, cup

 はじめに

今回はだれでも簡単にできる速読のコツについてお話します。

 

こちらの記事は約5分で読み終わります。

 

サマリー

  • 読書は質より量
  • 速読のコツは読まない個所を捨てること
  • 質を上げるにはアウトプット以外ない

 

読書は質より量

読書の効率面から考えると、熟読よりも多読のほうが合理的です。

 

なぜなら、一つのテーマに関して読書をして勉強する際に”何が重要なポイントか”が最初は把握できていません。

そのポイントを把握するために最も有効なのは、

  • 複数の書籍で重複している個所を探す
  • 詳しく知っている人に聞く

ことです。

 

何が大切かがわからないうちは、何冊か入門書を読み、どの本も強調している部分こそが重要なポイントだと体感することが重要です。

 

ですので、教科書を一冊何度も熟読するよりも、複数の書籍を多読するほうが合理的なのです。

 

速読のコツ

速読といっても、訓練で目を早く動かすといったものではありません。

”読み方”の技術です。

 

具体的な方法は、

  • 本の帯を読む
  • ”はじめに”、”さいごに”、”目次”を読む
  • 1つまたは2つ、気になった項目を読む

です。

 

つまり、本を丸々全部読まないのが速読のコツです。

 

読まない個所を決めることが最大のポイント

私たちは子供のころから読書は1冊丸々読み、理解するものだと教えられてきました。

ですので、本を読み飛ばしたり、最後だけ読むということは”邪道”と考えます。

 

しかし、最初に述べたように読書は質よりも量なので、読み飛ばして次の本を読むほうが良いのです。

 

特に最近の本は、読者に手に取ってすぐ”面白い”や”読む価値のあるものだ”と思われなければならないために、帯や目次に多くの情報を詰まっています。

 

むしろ、帯に書いてある重要なポイント以外は、書籍の体裁を保つための余分な個所である場合も多いです。

 

基本は全部読まない。

大切なところだけ目を通し、自分が直感的に読みたいと感じた部分だけ読む。

 

これが速読のポイントです。

 

質を上げるにはアウトプットしかない

さいごにですが、「せっかく買った本なのに少ししか読まないなんてもったいない」と考える方もいらっしゃると思います。

 

しかし、本を読むことが目的ではなく、その情報やノウハウを自分のものにできるかが読書の目的です。

 

まず割り切って大部分を読まないと決めてください。

 

それでも「もっと理解したい」と思われる方もいると思います。

 

そうした方は、読んだ本に関して”アウトプット”を必ず行ってください。

 

アウトプットは人に話すことやブログに書評を書くこと等です。

 

人に説明するためには重要な部分を理解し、いいかえる必要があるため、それがうまくできない場合はもう一度説明したい個所を再読してみてください。

 

そうした結果、”質”が大幅に向上します。

 

いくら1冊の本をじっくり読んだところでアウトプットにはかないません。

 

ぜひ一度お試しください。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

読書レビュー 24 『神時間術』① 集中力について

 

 

はじめに

今回はこちらの書籍のレビューをします。

 

サマリー

  • 最も集中力が高い時間は起床から3時間以内
  • 「集中型」と「非集中型」の2種類のタスクがある
  • 集中力は高めない

 

集中力の高い時間帯

これは起床してから3時間以内と述べられています。

 

6時起床の場合、9時までが一日のうちで最も集中力が高い状態です。

 

睡眠中に脳は様々な情報を整理し、老廃物を排除をしてくれます。

きれいに片づけられ、掃除もされているすっきりとした脳はパフォーマンスを最大限発揮してくれます。

 

集中型と非集中型のタスク

私たちが行う仕事は、「集中型」と「非集中型」の2種類があると述べられています。

 

代表的な例では、

集中型:記事や文章を書く。ビジネスアイデアを考えるなどの創造性が求められるもの

非集中型:メールのチェックのように創造性は必要のないもの

です。

 

私たちの脳のリソースも一日の時間も限られています。

ですので、自分の現在行っているタスクが、どちらに分類されるのかを判断して集中力を投下するかを考えるのが合理的です。

 

集中力は高めない

よく「もっと集中してやれ」と学校や職場で言われていると思います。

しかし、自分で意識的に集中力を高めることは現実的にはほぼ不可能です。

 

プロスポーツ選手でも、意識的に集中力を高めパフォーマンスを最大化できる「ゾーン」に入れる人はごく少数です。

 

私たちの脳の集中力は、意識的に高めるものでなく、高まっているときに適したタスクをさせてあげるのが一番生産性が高いのです。

 

先ほどから述べている、起床3時間以内に集中型のタスクをこなす。

私たちが確実にできるのはまずこのことです。

 

逆に言えば、起床後3時間以内にメールチェックなどの非集中型のタスクを行うのは愚行です。

 

さいごに

『神時間術』は上記のような、限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮する具体的な手段が多数紹介されています。

 

他にもたくさんご紹介したいものがあるので、またレビュー記事を書きます。

 

ぜひご一読ください。

 

ありがとうございました。

よい眠りのためにできること

White Orange and Gray Tabby Cat Lying on Gray Textile

 

はじめに

 

睡眠時間についての話題が最近増えてきました。

 

少し前までは、8時間以上寝る人は「暇な人、やる気がない人」のように見られていました。

 

しかし、最近のトレンドでは、睡眠時間が不足している人は「自己管理ができていない人」とされています。

 

今回は、パフォーマンスを高めるための睡眠に関するルーティーンをご紹介します。

 

睡眠の重要性

 

人によって必要な睡眠時間は異なると思いますが、基本的には7時間以上が必須だと考えてください。

 

最近の研究でも、8時間睡眠・6時間睡眠・4時間睡眠をそれぞれ14日間続けた場合の集中力やモチベーションについて調査した結果が出ています。

 

睡眠時間が短くなればなるほど、集中力が低下し、メンタルも悪化するためパフォーマンスが低下します。

 

 

大雑把なイメージでは、8時間睡眠の場合のパフォーマンスを100とした場合、

6時間睡眠だと80、4時間睡眠だと50くらいのパフォーマンスしか発揮できません。

 

睡眠時間を削って活動しても、パフォーマンスが低下するため生産性を高めるのは非常に困難になります。

 

私の好きな言葉で「6時間以下の睡眠しかとっていない人は、日中酔っ払っているのと同じ」というものがあります。

極端な発想ですが、ある側面からは真実だとも思います。

 

よい睡眠のためのルーティーン

 

睡眠を始めてから3時間が”ゴールデンタイム”です。

毎日のルーティーンでゴールデンタイムを有効に使ってください。

 

そのためには、

  • スマートホンなどのブルーライトを見ない
  • 部屋の明かりを暗くする
  • 激しい運動をしない
  • 深呼吸をする

がまず必要なことになります。

 

特にスマートホンを見る習慣のある方は、一日だけでも寝る30分前は見ないようにしてみてください。

逆に30分早起きして起きてすぐスマートホンを見れば簡単に起床できます。

 

さいごに

日本人の幸福度が低いこと、生産性が低いことが騒がれていますが、その原因の一つが睡眠不足だと思います。

 

まず最初に、短時間の睡眠はパフォーマンスを下げる、と認識して自分の睡眠時間に投資をしてみてください。

 

自分の身体なのですぐ効果がわかると思います。

 

ご一読ありがとうございました。