読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書レビュー 『7日間起業』 ダン・ノリス著

海外ビジネス書 要約 読書レビュー

7日間でビジネスをローンチする方法について書かれています

 

 

1日目:アイデアの決定

まずスタートはどのようなビジネスにするのかのアイデアをブレストのイメージで絞り込んでいく作業になります。

イデアの選定方法はいくつかありますが、

  • 楽しみながらできる日々のタスクがあること
  • 規模が拡大できるビジネスモデルか
  • 創業者がいなくても収益が上がる仕組みが作れるか
  • 素早くスタートでき、修正ができるモデルか

などがあります。

特に、4番目の素早くスタートでき修正が可能かは重要な要素です。

 

2日目:実用最小限の製品をリリースする

ここでは早速実用品を作ることを始めます。

ビジネスアイデアのコアの部分だけで大丈夫なので、素早く最小限のものを作るように心がけます。しかし、あまりにも完成形とかけ離れていると意味がないので注意しましょう。

このステップでは自分の手作業で行うことを勧めています。

 

3日目:ビジネスの名称を決める

この項目は重要ですが、あまり時間をかけないことも大切です。

いくつか候補を決め、「まあ、良いか」と思える、シンプルなものを選びましょう。

 

4日目:100$以下でウェブページを作成する

簡単なものでいいのでウェブページを作成しましょう。

あくまでランディングページなので、メールアドレスの収集と「近日リリース」の告知、そして実際のローンチした際に機能できるかがポイントです。

 

ウェブページの作成自体はフリーソフトもありますし、ワードプレスを使っても大丈夫です。

可能ならば、グーグルアナリティクスでページの分析ができるようにすると検証や修正が容易になります。

 

5日目:マーケティング

メールやポッドキャストSNSなどで商品を告知しましょう。

他にもオンラインセミナーやゲストブログもあります。

 

現在はフェイスブックでも任意のターゲット層のみ広告を出すことが可能になっているため、大きなコストは必要ありません。

 

6日目:データの検証

広告を出してから数カ月間はデータを収集することに集中しましょう。

実際にサービスを売り込む前に検証するべきことが複数あるからです。

具体的には、

  • ウェブページのサインアップ数
  • 概算収益、概算のコスト
  • 月次成長率

があります。

これらをエクセルにまとめることをお勧めします。

 

7日間起業の中でこのステップは非常に重要なポイントになります。

 

なぜなら、ビジネスにおいては”予測”というものはあまり役に立たず、テストをして検証をすることでしか有益なデータは収集できないからです。

ここであまりにもサインアップ数が少なかったり、収益化のめどが立たないビジネスモデルの場合は方向修正や違うアイデアに切り替える判断をすることもあります。

 

しかし、この段階まで素早く行わないと、本当にビジネスモデルとして有力かが分からないからです。

 

7日目:実際にローンチする

商品をリリースし、ビジネスをスタートしましょう。

ここまでで大まかなモデルはできていますが、ビジネスを進めていくうえで予想外のものやトラブルはつきものです。

 

大切なのは、

ある程度の問題は起きてから対処することにし、最初から完璧なものを作ろうとしない。むしろ早期にスタートし、どこで問題が発生するかを早期に把握することの方が有益です。

 

著者は数百のビジネスをスタートし、一回は破産寸前まで追い込まれます。

それでも続けていくことで、数個のビジネスが成功し、今では複数のビジネスを運営する立場にいます。

 

やらない理由を探すよりも、まずやる理由を考え、失敗しても改善を続けるマインドセットが大切だと、本書を読むと教えられます。

 

是非皆さんもご一読なさってください。

 

 

Amazon販売 商品のバリエーションを追加する方法

Amazon 販売

既存の商品ページに新しい色やサイズを追加する方法

 

 

商品バリエーションを組むメリット

最初に商品バリエーションを組むメリットについてご説明します。

色やサイズごとに商品ページを作ることと比べて、1つの商品ページにバリエーションを持たした場合は、

  • レビューや販売実績が集約されるため検索ページの上位に上がる可能性が高くなる
  • 商品ページが複数にまたがっていない為、購入者が買いやすい

があります。

 

商品バリエーションの追加する方法

商品バリエーションを増やす方法は複数あります。

ここでは、

「すでに商品を出品しており、その商品に新しい色やサイズを追加で出品したい」場合になります。

 

既存の商品の新色などを加える場合に、既存のカラーと追加カラーを統合するイメージです。

 

商品バリエーションの追加する手順

既存で出品している商品をAとし、新規で追加するバリエーション商品をBとします。

 

この2つを統合するためには、疑似的な「親」を作る必要があります。

 

イメージは、実際には商品として存在しない架空の「親」の商品ページを作り、その中のバリエーションとして、「A」と「B」を設定(子として)する形になります。

 

その手順は

  1. バリエーション化を希望する「A」と「B」を新規出品として登録を行う
  2. 登録した商品の出品者SKU、商品名をコピーしメモ帳などに保存しておく
  3. セラーセントラルの在庫タブから「商品登録」を選択
  4. 商品登録画面にて「商品を新規に登録する」を選択し、バリエーションとする商品(A,Bのこと)のブラウズノードを選択
  5. 重要情報タブの必須項目を入力
  6. バリエーションタブにて「バリエーションテーマ」を選択し、テーマに沿い入力
  7. 画面下部の出品者SKUの欄に、メモ帳などに保存していたそれぞれ商品のSKU、その他価格など必須項目を入力
  8. 保存して終了をクリック

以上になります。

 

上記のように、親を疑似的に作成し、そのバリエーションとして、「A」と「B」をそれぞれ登録する形になります。

 

登録する商品が膨大な場合はこちらの方法よりも、商品ファイルのアップロードをすることでエクセルファイルで作成したものを一括して登録ができます。

しかし、その方法は初心者には非常に難しいため、最初はこちらでご紹介した方法を試していただくと良いと思います。

 

是非売れている商品は、バリエーションを増やしてさらに売り上げを拡大するように試してみてくださいね。

Amazon販売 購入割引プロモーションの設定方法

Amazon 販売

『商品を2点買ったら10%セール』のようなプロモーションの設定方法をご説明します

  • プロモーションの設定はセラーセントラル画面から可能
  • 購入割引の対象は複数の商品にすることができる
  • 複数購入割引のメリットについて

 

Amazonの商品ページの中に、『対象商品を2点以上購入の場合、10%オフ』となっているものが時々あります。

こちらはセラー様が、商品の販促のためにプロモーションを設定している状態です。

 

Amazonでの販売において、購入頻度を高める一つの方法である購入割引のプロモーションの設定方法をご紹介します。

 

プロモーションの設定方法

  1. まずセラーセントラル画面にログインしていただき、左上の「在庫」タブを選択
  2. 「プロモーション管理」が選択可能なのでクリックする

 

 

 

 

こちらの画面の『購入割引』を作成するをクリックします。

 

f:id:noelsnowball:20170313165532j:plain

そうするとプロモーション作成画面に移動できます。

 

早速設定したいところですが、ここで少し作業が発生します。

 

プロモーションの対象商品を決めるための『商品セレクションリスト』を作成する必要があります。

上記画像の購入商品の横にある「商品セレクションリストを作成」をクリックしてください。

f:id:noelsnowball:20170313165825j:plain

このリストに選択された商品が割引プロモーションの設定をできます。

画像のように、商品を選択する際にどの分類を使うかが選べます。

 

一番わかりやすいのは「ASINリスト」なので、そちらを選択し、「商品セレクションを作成」を』クリックしてください。

 

f:id:noelsnowball:20170313170049j:plain

そうするとこちらのように、ASINごとにリストに載せる商品を選択することができます。

ASINリストにプロモーションをかけたい商品のASINを入力し、「送信」をクリックすると商品セレクションが作成できます。

 

その後、先程のプロモーション作成画面に戻り、「購入商品」タブの中から作成したリストを選択できます。

 

また、「適用条件」には「購入数量ごと」にし、「~個購入したら」の購入数の指定をします。

「プロモーション内容」には割引率(%)か割引額が設定可能です。

 

後はプロモーションの開始と終了予定日を選択し、プロモーションの名前を入力するだけです。

最後に「プレビュー」をクリックするとプロモーションが作成できます。

 

複数購入割引のメリットについて

このような複数購入割引のプロモーションを設定するメリットはいくつかあります。

簡単に言うと、

  • 販売不振の商品を売れ筋商品とセットで販売できる
  • FBA最低購入金額の2000円以上に設定することが容易になる

といったことがあります。

 

特に、最近Amazonプライムの最低購入金額が2000円になったため、単価が2000円以下の商品は単品で買われることは少なくなっています。

そうした場合に、複数購入をしてもらい、カートの合計金額が2000円以上になるように割引プロモーションをすることで、購入の可能性を高くできる可能性があります。

 

特にシーズン物については、ハロウィンまでに売り切る必要がある、といった販売期間のリスクもあるためこうしたプロモーションは効果的です。

 

上記のプロモーション設定自体にお金は必要ありませんので、皆様もぜひ一度試してみてください。

 

読書レビュー 『学力の経済学』 中室牧子著

読書レビュー 子育て

教育に関する思い込みは科学的根拠によって覆されることもある

 

今回はこちらの本をレビューしてきます。

 

  • データを用いて教育を経済学的に分析する
  • 「ご褒美」はアウトプットよりもインプットに対して与えると効果的
  • 「頭がいいのね」よりも「よく頑張ったわね」の方が有効
  • 教育の収益率が高いのは、高等教育よりも幼児教育

本書は、大まかに分けると前半が「教育論」で後半が「教育政策論」になります。

今回は5カ月の子供がいる自分の視点から、前半の「教育論」についてお話をしていきます。

 

データを用いて教育を経済学的に分析する

本書が人気だった理由としては、今まで「通説」と思われていた教育に関するセオリーの多くが、「思い込み」に過ぎないとしていることでしょう。

そして、過去の膨大なデータから科学的根拠のあるノウハウを紹介している点が、正解のない教育分野の本として人気だったのだと思います。

 

その中でも

  • ご褒美で釣っても「良い」
  • ゲームをしても「暴力的にならない」

など、それまでなんとなく信じられていた教育論を否定していることは刺激的です。

 

教育という分野に関しては、誰でも接する機会があるため、誰でも評論家になれる性質があります。

たった一つの事例に過ぎない事象に対しても、さもそれが正解だと認識されてしまう危険性があると著者は述べています。

 

子供の教育の成功については、あまりに多くの要因が絡まっているため、「~をしたら東大に行ける!!」といったノウハウはあまり役立たない場合が多いのです。

ですので、たった一つのケースで結論を出すのではなく、膨大なデータをもとに傾向を分析する経済学の手法が有効なのです。

 

ご褒美はアウトプットよりもインプットに対して与えると効果的

まず本書では「子供に対してご褒美で釣ることは正しい」としています。

それは、人間の性質上、近い将来のメリットを大きいものとして解釈してしまい、遠い将来の結果を軽んじてしまうという点からも明らかです。

 

「今勉強をしないと将来困ったことになる」と親がいくら話をしても、子供は近い将来(今)の快楽を優先してしまいます。

むしろ、目の前ににんじんをぶら下げることで、子供を今勉強するように仕向け、勉強をすることを先送りさせないという戦略は、経済学的に正しいとしています。

 

そして、ご褒美をあげるポイントとしては、アウトプットよりもインプットに対する方が効果的だとしています。

具体的には、

「テストで良い点をとればご褒美をあげる」=アウトプット

「本を1冊読んだらご褒美をあげる」=インプット

で、後者の方が効果が高いとしています。

 

多くのデータがそのことを示しており、その理由は、「インプットにご褒美が与えられる場合は、子供にとって何をするべきかが明確」だからです。

反対にアウトプットにご褒美が与えられた場合は、具体的な方法は示されていないです。

学習において重要なのは、「テストで何点とるか」よりも、「勉強の仕方を勉強する」ことなのです。

 

ですので、まだ勉強の方法を学んでいない子供には、「本を読む」ことや「授業で話をしっかり聞く」、「わからなければ質問をする」といったインプット系の行動に対して報酬を与えることが重要です。

 

アウトプットにご褒美をあげる場合は、このような勉強のしかたを教え、導いてあげることがまず必要です。

 

「頭がいいのね」よりも「よく頑張ったわね」の方が有効

褒め方についても言及していますが、このように、「もともとの能力」を褒めると子供たちは意欲を失い、成績が低下するとしています。

このことは2つの側面があります。

  1. 頭の良さに着目する場合は悪い結果に対しても、元々の頭が悪いという判断になってしまう
  2. 努力に着目することで、違う場面でも子供は努力をするようになる

 

教育の収益率が高いのは、高等教育よりも幼児教育

ここでいう「収益率」とは、簡単に言うと「教育という投資に対するリターンの割合」になります。

株や債券といった投資に近いイメージです。

 

子供の教育に時間やお金をかけるとしたらいつがいいのか?という問いに対しては、子供が小学校に入学する前の就学前教育(幼児教育)と述べています。

 

人的資本への投資はとにかく子供が小さいうちに行うべき

という主張には理由があります。それは

  • 幼児教育の効果は、以降の教育に多大な影響を与える
  • 学力以外の重要な能力は、幼児教育段階で育まれる

ということです。

1つ目は分かりやすく、掛け算ができなければ因数分解はできないように、子供の基礎的な能力は、それ以上の段階においても有効に働くという点です。

 

2つ目の学力以外の重要な能力のことを著者は「非認知能力」と表現しています。

この非認知能力としては、

  • 自制心
  • やり抜く力

が挙げられています。

こうした素質は幼児教育で鍛えることができます(大人になっても鍛えることはできますが、費用対効果が高いのが幼児教育の段階)。

また、こうしたしつけを受けた人は年収が高いとデータが示しています。

 

子供の教育に関しては、小さいうちからこうした非認知能力を鍛えるために投資することで将来のリターンが大きくなることが期待できます。

 

確かに、子供が小学校高学年になってから急に学習塾に通わせて、無理やり勉強させるよりも、小さいうちから勉強する習慣をつけたり、努力を続けることの楽しさを知っている方が効果的だと思います。

 

本書は十人十色の主張をする教育という分野に、科学的なデータを示している点がとても印象的です。

 

子供がいらっしゃらない方でも、「自分への教育」という点で読んでみられることをお勧めします。

是非ご一読ください。

 

 

 

 

Amazon販売 商品テストの重要性

Amazon 販売

Amazon販売で非常に重要な「商品テスト」についてです。

 

  • 新規出品の場合は商品テストが必須
  • テスト商品にはセオリーとなる数量・判断・タイミングがある
  • 商品リサーチと同じくらい重要な行動

新規出品の場合は商品テストが必須

まずはじめに、商品テストとは何かについてご説明いたします。

 

内容は簡単で、「新規出品商品を仕入れる場合、一度少量をAmazonで販売してみて、その動向に応じて追加発注をする」というです。

 

Amazonでの出品方法には2パターンあり、

  1. 相乗り出品
  2. 新規出品

があります。

1の相乗り出品の場合は、他のセラーさんの商品カタログに乗っかり出品をするので、商品が売れるかどうかについては予想がしやすいです。

これはAmazon販売の用語で「ページが育っている」からということになります。

(最も、同一カタログの中でも、カートを取れるかについては複数の要因がありますが)

 

2の新規出品の場合、「ページが育ってはいない」ため、商品のレビューもなく、ランキングも低い為、どんなに良い商品でもそもそもページ自体を見られない危険性が高いです。

 

そこで、新規出品の場合は、最初に少量でテストを行い、大量に仕入れるかを判断することが重要です。

 

テスト商品にはセオリーとなる数量・判断・タイミングがある

商品テストについては様々な意見があり、何個仕入れて、どの位売れ、どのタイミングならリピート発注をかけるかは人によって異なります。

 

もちろん、一概には正解を言うことはできませんが、セオリーとなる指標はあると思われます。

 

  • 数量は5~20個が目安。仕入れ単価に応じて変動させる
  • 1週間での販売が在庫数量の30%~50%ならばリピートを検討する
  • リピートをすると決めたら即座に発注をする

こちらが簡単なセオリーになります。

上の2つは読んだ通りですが、3つ目は意外と知られていないことになります。

 

Amazonのランキングは在庫がなくなった場合はどんどん下がっていきます。

せっかくテスト商品で少しでもページを育てたのにも関わらず、在庫を数週間切らしてしまうことで、また一から育てる必要が出てきますのでご注意ください。

 

商品リサーチと同じくらい重要な行為

商品のテストはある意味当たり前のことですが、初心者の方は中々やられていないことでもあります。

その理由は

が大きくあります。

 

確かに、一度で大量に仕入れた方が商品原価自体も下がり、固定費も下がるためお得だと思われますが、あくまでそれは、商品が順調に売れたら、という過程のなかでの話です。

売れない商品の予定利益がどんなに高くても全くの無意味です。

 

どんなに入念にリサーチをしても売れるか売れないかは様々な要因に左右されます。最初から大きく儲けようと思わず、まず少量でもテストをスピーディーに行うことが重要です。

 

また、個人でAmazon販売を行う場合、在庫とキャッシュフローのリスクがあることも注意しましょう。

 

Amazonは在庫を保管しておくだけでもお金がかかり、かつ保管しておける在庫の量には限度があります。

また、売れない商品の在庫を大量に持っておくと、「本来なら他の売れる商品に投資できていたはずの資金が眠ってしまい、運営に必要な現金がなくなってしまう」リスクがあります。

似たような言葉でキャッシュフローのリスクと言われますが、不良在庫を抱えることは非常に危険なことなのです。

 

皆様も最初にまずテストを行い、徐々に大きく育てていきましょう。

 

Amazon販売 評価依頼メールの送信方法

Amazon 販売

Amazonで購入してもらたら、評価依頼のメールを送りましょう

 

  • Amazon販売ではレビューの評価が非常に重要
  • 購入者への評価依頼メールはセラーセントラル画面から簡単にできる
  • 定型文を作成しておいて、作業効率を上げる

Amazon販売ではレビューの評価が非常に重要

こちらのことは広く知られていることかと思います。

例えば、同じスペックの商品が同じ価格帯で販売されていた場合は、購入者はレビューの良いものをカートに入れます。

 

一般論ですが、購入者の10人に1人がレビューをしてくれるといわれています。

 

特に、Amazon販売を始めたばかりの新規出品者はいかにレビューを集めるかが、今後の販売を伸ばすための重要な要素になります。

 

レビューを付けてもらうのを待つだけではなく、こちらから積極的に評価依頼をすることで、レビュー件数を稼ぐ確率を上げることができます。

 

購入者への評価依頼メールはセラーセントラル画面から簡単にできる

Amazonのセラーセントラル画面から評価依頼メールを送ることは数ステップで可能ですので、是非お試しください。

 

  1. セラーセントラルの「注文」タブから「注文管理」をクリック
  2. 過去の注文(購入された内容)の一覧が出る
  3. 個別の商品ごとの「購入者に連絡する」の横の購入者の名前リンクをクリック
  4. 「カスタマーに連絡」画面がでるので、件名を「評価リクエスト」にする
  5. 評価依頼メールの内容を記入し、「Eメールで送信」をクリックする

以上が流れになります。

 

定型文を作成しておいて、作業効率を上げる

いざ注文が増えた場合、毎回手入力でメールを作成することは不可能なので、事前に定型文を作成しておきましょう。

 

私は

  • 商品ごとの評価依頼メールの定型文の作成
  • エバーノートに保存
  • メール作成時にコピー&ペースト(購入者の名前のみ変更する)

という手法を取っています。

 

定型文の内容が分からない方はコメントしていただければ私の使っている評価依頼メールの定型文をお送りさせていただきます。

 

是非このテクニックを使ってみてください。

読書レビュー 『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』ピョートル・フェリークス・グジバチ著

海外ビジネス書 要約 読書レビュー

Googleが社内でやっている神速仕事術57

 

今回はこちらの本のレビューを書いていきます。

 

この本のポイントは

  • 仕事を持ち帰らない
  • メールに頼りすぎない
  • 自分の仕事を自分で壊すことが重要

です。

 

会議の議事録などの資料作成は、個人ではなくチーム全員で作成する

 会議中に議事録を一人で取って、それを後から全員に配布するよりも、その場でスプレッドシートを使い、全員で書き込む。そうして共有すれば従来の10分の1の時間で作成が可能になります
 

メールは持ち帰り文化、チャットはリアルタイム文化 

 冒頭の要約にある、「メールに頼りすぎない」とつながりますが、グーグルではメールをそこまで使用しないようです。
 
メールで社内の時間調整を行ったり、情報交換をすると時間のロスが大きくなります。
チャットであればその場でお互いの合意が取れます。
 
その場で完了できる仕事はそこで終わらせる意識がグーグルでは重要のようです。
 

クリエイティブな発想には集合知を活用する

 企画会議の際には、発想のヒント(クルー)を大量に用意し、無秩序に組み合わせる
ことで、無意識の「ひらめき」を生み出します
 
また、一人で考えるのではなく、チーム全員でその作業を行うことが大切になります。 
著者はたびたび、「みんなで知恵を絞った方が手っ取り早い」と述べています。
 

企画会議にプレゼンはいらない

 企画会議の際に、企画担当者が資料を配布し、それに沿った話をする、プレゼン形式だと個々の企画や企画者の「評価」を出すことで終わってしまいます。
評価が悪い場合は1カ月後の会議で修正したものを再度発表するなどの方法がとられていますが、スピードが遅くなります。
 
 そこで、企画会議の資料を作らず、一人一人がテーマに沿って考えてきて、アバウトなテーマだけ決め、定期的に集まる。あるいは何か新しいことを思いついたら関係する人で企画会議を始めてしまうとう方法をグーグルでは取るそうです。
 
確かに、一人の発想よりも10人の発想を結集させた方が、より効果的で独創的なアイデアが出てくるように思えます
 

10%アップではなく、10倍を目指す

 目標設定を考える際に、昨年実績の10%アップではなく、10倍を目指すことのメリットについて著者は述べています 
 そのメリットは
  1. ルーティーンワークに陥らない。前提や固定概念を覆す必要性が出てくる
  2. 仮に7倍の目標達成でも大きいアウトプットになる
になります。
 

20%ルールを上手く使いこなす

グーグルの有名な「20%ルール」についても言及されています。
この重要なポイントは、従来の仕事を自動化し、20%の作った時間でインパクトの大きい仕事に投資をするをことです。
 
この本で重要だと挙げられている「自分の仕事を壊す」ことにもつながっていますが、毎日決まった仕事をしているだけでは将来AIに仕事を奪われる可能性があります。
 
それを避けるために、
  • 自分の仕事で自動化できる部分を探す
  • 5%、10%、20%と徐々に時間を生み出していく
  • 生み出した時間で、結果を10倍にしてくれるようなインパクトの大きい仕事や学習に投資をする
ことが重要だと筆者は述べています。
 
確かに、ある程度キャリアを積むとルーティーンワークに陥ってしまう部分が大きいと思います。
それはそれで効率的ですし、一定のアウトプットを生み出すことも重要ですが、それ以外にリスクを取って、自分の時間を投資していかないと将来的に仕事がなくなる危険性があることは大変勉強になりました。
 
読みやすく勉強になりますので、是非ご一読してください。